よくあるご質問や、ご確認いただきたい内容を掲載しております。
その他なにかご不明な点やご要望などがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

施設について

サービス付き高齢者向け住宅とはどのような施設ですか?
通常の賃貸マンションと同じような賃貸契約となっていて、高齢者の方に配慮した設計と、安心を提供出来るサービスが付いています。
設計面では全面バリアフリー構造、一定の生活スペースの確保など、高齢者の方が安全で快適な生活ができるように設計されています。 安心のサービスでは専門家による安否確認・生活相談などのサービスがあり、その他当施設のオリジナルのサービスで高齢者の方の生活を安心で楽しいものにしてまいります。

質問リストへ戻る

老人ホームとの違いはなんですか?

一般的な有料老人ホームとサービス付き高齢者住宅の最もおおきな違いは契約形態にあります。
サービス付き高齢者向け住宅は、住居の権利が保障された上で、自由にサービスを選択することができる賃貸住宅であり、有料老人ホームは、住居とサービスが同一事業者によって提供される施設といえます。

【サービス付き高齢者住宅】
60歳以上の方を対象とした賃貸住宅です。住宅部分については建物賃貸借契約を結び、介護サービスは住宅ですので個人で自由に選んでいただくことができ、別途サービス利用契約を締結します。賃貸借契約には一般と終身があり、借家権が保護されるため、貸主に部屋を移動させられることはありません。また、退去も自由ですので住み替えが可能です。

【一般の有料老人ホーム】
多くは利用権契約となります。入居の際に一時金を支払い、終身で「居室と共用施設を利用する権利」と「介護や生活支援サービスを受ける権利」が保障されます。施設の都合で部屋を移動させられる場合もあります。住み替えは可能ですが、初期償却が発生します。

質問リストへ戻る

通常の賃貸住宅との違いはなんですか?
住宅の権利が保障された上で自由にサービスを選択できる高齢者むけ住宅となっており、通常の賃貸マンションと同じような賃貸契約となっていますが、高齢者の方に配慮した設計(全面バリアフリー構造、一定の生活スペース面積の確保など)と安心(安否確認、生活相談など)を提供できるサービスがついています。

質問リストへ戻る

何歳から入居可能ですか?

①60歳以上の方
②介護保険法に規定する要介護認定もしくは要支援認定を受けている60歳未満※1
※1   40~64歳が要介護認定を受けるためには、要介護状態等の原因である身体上及び精神上の障害が特定疾病によることが要件とされています。

またご入居に際しましては、入居審査をさせていただいております。

□■□特定疾病リスト□■□

  • 筋萎縮性側索硬化症
  • 後縦帯骨化症
  • 骨折を伴う骨粗鬆症
  • 多系統萎縮症
  • 初老期における認知症
  • 脊髄小脳変性症
  • 脊柱管狭窄症
  • 早老症
  • 糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症及び糖尿病性網膜症
  • 脳血管疾患
  • 進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症及びパーキンソン病
  • 閉塞性動脈硬化症
  • 関節リウマチ
  • 慢性閉塞性肺疾患
  • 両側の膝間接又は股関節に著しい変形を伴う変形性関節症
  • 末期がん

質問リストへ戻る

健常者でも入居可能ですか?
サービス付き高齢者向け住宅は、その名の通り、高齢の方のための住宅ですので、「高齢者」でない方は入居することができません。上記①、②に該当する方が対象になります。

質問リストへ戻る

認知症があっても入居可能ですか?

はい、入所していただけます。施設スタッフにご相談ください。

認知症にBPSD(迷子・幻覚・暴言)を伴って日常生活に支障を伴うときは支援医療施設のものわすれ外来の援助のもと施設生活を安定化させていただきます。(もの忘れの進行を遅らせるまたはとめる薬もありますので希望を持って対応していただき、また認知症予防のためのデイサービスのメニューも受けられることをお勧めします。)

質問リストへ戻る

持病があっても入居可能ですか?
はい、入所していただけます。施設スタッフにご相談ください。
どのような持病があるのか。内服されている薬。掛かり付けの病院などを事前にお知らせ頂ければ、入所して頂けます。
心配なことなどございましたら診察もすることができますので、ご安心ください。

質問リストへ戻る

夫婦で入居は可能ですか?
はい、入所していただけます。
お申込みの際にご夫婦それぞれ申請書類をご提出ください。夫婦同室でも可能ですし、また隣室同士でのご利用も可能です。
※同居できる方の条件は下記Q9のAの補足をご確認ください。

質問リストへ戻る

親子で入居は可能ですか?
基本的にはお1人様の入所となります。
入居される方の家庭環境や健康状態を考慮しますのでご希望の方は施設スタッフにご相談ください。
<高齢者住まい法による同居者の条件>
同居者の方についても、「高齢者住まい法」によって定められています。
①配偶者(届出はしていないが事実上の夫婦と同様の関係にあるものも含む)
②60歳以上の親族
③要介護認定もしくは要支援認定を受けている60歳未満の親族 または入居者が病気にかかっていたり、その他特別の事業により同居が必要であると都道府県知事が認める者に限ると決められています。

質問リストへ戻る

ペットを飼うことはできますか?
申し訳ございません、ペットを飼うことはできません。

質問リストへ戻る

連帯保証人や身元引受人は必要ですか?

はい、必要です。
身元引受人:65歳以下の第3親等以内の方となります。
連帯保証人:65歳以下の月々の収入がある方にお願いします。

入居者様が賃料などの支払いが難しくなった場合、お支払の義務を負っていただきます。また、以下のような場合に協議・相談に応じていただきます。

  • 介護が必要となり、一人暮らしが困難になった。
  • 病気などになり入院または通院が必要となった。
  • 他の入居者様との間でトラブルが発生した。
  • お亡くなりになった。
  • 支払い能力が低下または不可能になった。
  • 判断能力が低下した。

※連帯保証人がたてられない場合
任意後見人制度を利用し、成年後見人をたてることで連帯保証人の代わりをしていただくことができる場合があります。また賃料については高齢者住宅財団の家賃債務補償制度のご利用が可能です。

※任意後見人制度
判断能力が正常である人、または衰えたとしてもその程度が軽く、自分で後見人を選ぶ能力を持っている人が利用できます。任意後見契約を行い、成年後見人が財産管理・身上監護の代理人となります。

  • 財産管理:不動産・預貯金・金融商品など全ての財産の保存・管理・変更および処分に関する内容となります。
  • 身上監護:医療契約・介護契約その他保証サービス利用契約・福祉関連施設入所契約に関する内容となります。

※家賃債務補償制度
賃貸住宅に入居する際の家賃債務等を保証し、連帯保証人の役割を担うことで、賃貸住宅への入居を支援する制度です。(高齢者住宅財団)

  • 高齢者世帯:60歳以上の方または要介護・要支援認定を受けている60歳未満の方(同居者は配偶者、60歳以上の親族、要介護・要支援認定を受けている60歳未満の親族等に限る)
  • 障害者世帯:身体障害1~6級
    精神障害1~3級
    知的障害・精神障害に準ずる

質問リストへ戻る

介護度が要介護1~5でも入居できますか?

有料老人ホームと比較すると、介護度の低い方の入居が多い傾向にあり、要介護3程度までのご自分のことはご自分で出来る方が主な対象者になります。
それ以上の要介護度の場合、ホームヘルパーが必要となり、別途費用が必要となります。

例えば、要介護5の方ですと、排泄交換だけでも介護費用が定額分を超えてしまう可能性があります。自己負担を考えると住み替えを検討の必要となる場合があり、ショートステイや入院をお勧めさせていただくこともございます。

質問リストへ戻る

車いすや寝たきりの状態でも入居できますか?
基本的に入所できますが日常的に医療が必要な場合は、主治医とご相談の上、関連医療施設に入院をお勧めさせていただくこともございます。寝たきりのご利用者様の場合はご相談ください。

質問リストへ戻る

入居について

入居時どのような書類が必要ですか?
契約書、重要事項説明書など下記のような書類が必要になります。
  • 保険証のコピー、通帳(支払いが引き落としの場合)
  • 緊急連絡先(住所と電話番号):電話番号は必ず連絡ができるようにしてください
    ※ご相談時にも詳しいご説明をさせていただきます。
  • 同意書、誓約書などにご署名いただきます。
    ※印鑑(シャチハタは不可:ない場合は拇印でも可)をご用意ください。

質問リストへ戻る

入居時の初期費用はどのくらいかかりますか?
敷金・契約金などは必要ございません。
連帯保証人またはご家族または後見人によるお支払いの補償が必要となります。

質問リストへ戻る

入居に際し準備しなければいけないものはありますか?
自分の家とお考えいただき、基本的には入居者さまにご用意していただくようになります。
備え付けの設備はTV、冷蔵庫、ベット、タンス、洗面台、トイレ、椅子があります。身の回りの生活用品はご準備ください。また家具などはスペースの問題などもございますが、出来る限り入居者様が生活しやすい状況を整えることがサービス付き高齢者住宅の特徴でもあるので可能な限りご本人様の希望を聞き入れできるように配慮いたします。
その他、大事なもの思い出のものなども、お持ちいただいてもかまいません。その際、日用品に関して特に制限はございませんが危険物、他の入居者様にご迷惑になるものについては持ち込みをご遠慮させていただく場合がございます。

お食事に関しましては、お箸はご自分でご準備ください。(コップ等は準備させていただきます。)また、お食事の際、お茶をご提供しておりますので、ご自宅での飲料が必要な場合は水筒等をご用意ください。

質問リストへ戻る

入居はいつまでできますか?
サービス付き高齢者向け住宅は期限なくご入居いただけます。

質問リストへ戻る

入居後、介護が必要となり、今より介護状況が悪化した場合も入居し続けることはできますか?
入所し続けるのは可能ではありますが、病気等で入院が必要になるようでしたら併設されている病院に入院することになります。

質問リストへ戻る

サ高住に住んでいて、長期間入院が必要になった場合は退去しなくてはならないのでしょうか?
原則、退去しない場合、入院費、サービス付高齢者住宅の費用の両方がかかってしまうため、一度退去していただくことをお勧めいたします。 入院期間や状況により方法が変わってくる場合もございますので、詳しくはご相談下さい。

質問リストへ戻る

生活について

外出や外泊はできますか?

はい、可能です。外出・外泊届をご提出ください。
外出時間の変更がある場合は電話連絡お願いします。変更なく時間に帰宅されてない場合こちらから確認の連絡をさせていただきます。

外出:可能です。できれば前日に介護士に申し出てください。外出届に外出時間や目的等を記入していただきます。

外泊:可能です。少なくとも前日までには職員に申し出てください。
※持病があり連携医療施設にかかられている方は、担当医師に外泊が可能な病状であるかを確認した上で外出時と同様に外泊届を提出していただきます。

質問リストへ戻る

門限はありますか?
門限は原則ございません。外出される場合は上記の外出・外泊の項目をご確認ください。
※当施設では原則21時が消灯時間となっています。21時に看護師による見回りや介護サービスを受けられている場合は、お時間がございますのでその時間には在室いただきますようお願いいたします。  

質問リストへ戻る

入浴はいつ入れますか?
お風呂は施設内にあり、いつでもご自由にお入りいただけます。
ご入浴の際は、特に制限はございませんが施設スタッフが緊急時の対応に対しても準備をいたしておりますのでお声掛けいただければと思います。 緊急時などは浴室内のコールで対応可能です。

質問リストへ戻る

食事は付いてきますか?

はい、一日三食ご提供しております。 ご不要の場合はお申し出ください。
食費は1日1,050円です。朝は250円、昼は400円、夕は400円です。外泊等の希望に応じてお食事も止めることができます。(1ヶ月31日三食の提供をさせていただきますと31,500円となります。)

三食提供させていただきますが、ご自分でお作りいただき、食することもできます。

質問リストへ戻る

食事はいつどこで食べるのでしょうか?
食事は7時30分、12時、18時の一日三回です。
当施設の食堂で、他のご入居者さまと一緒にお召し上がりいただきます。
決まった時間以外のお食事も可能ですが、その場合は職員にお申し付けください。また、要介助の方は職員による誘導もございます。

質問リストへ戻る

入居後の生活支援はどのようなことをしてもらえるのでしょうか?

訪問介護をご利用いただけます。日常生活での相談など普段の生活の中で補助が必要な時にご相談いただけます。
日常生活を行う手助けとなるサービスとしては、住宅ですので多くは有料サービスになります。居室清掃や洗濯、入浴介助等を行っています。入所の際は必要とするサービスが提供されているか、ご確認ください。

生活支援として…
  • 掃除の介助:シーツの交換や掃き掃除のお手伝いをさせていただきます。お申し出いただけましたら窓拭きや家具類の掃除、荷物の整理などもさせていただきます。
  • 洗濯:洗剤などはご用意いただくことになります。洗濯物を干す手伝いなどを主にさせていただきます。
  • 入浴の介助:入浴に必要なもの(シャンプー、石鹸、バスタオルなど)はご用意いただきます。一人での入浴が困難な方はお申し出ください。介助させていただきます。
  • 食事の提供:お食事の準備ができましたらこちらからお声をかけさせていただきます。箸やスプーンを持つのが困難な方については隣で介助させていただきます。
  • 関連医療施設の利用:緊急時には連携施設である高杉内科外科をご利用いただけます。(デイサービスの利用・リハビリ目的での通院・健康管理など)できるだけご希望に添えられるように対応させていただきます。

質問リストへ戻る

医療との連携はありますか?

はい、併設の高杉内科外科小児科脳外科と連携しております。
→  高杉内科外科小児科脳外科についてはコチラ

体調が悪い時、スタッフに申し出て頂ければ、併設の病院に受診して頂けます。状態に応じて、医師、看護師が部屋まで伺い、場合によっては入院もできます。

質問リストへ戻る

介護サービスはありますか?
訪問介護をご利用いただけます。
併設の訪問介護事業所が介護保険を利用しケアプラン作成にて使用可能となります生活援助・身体援助になります。
  • 生活援助…家事援助・ゴミ捨て・掃除・洗濯・季節品入れ替え、話し相手、散歩の付添いなど日常生活にかかわること。
  • 身体援助…入浴介助・清拭・足浴、排泄交換など 身体にかんすること。
機能回復訓練、デイサービスの利用

質問リストへ戻る

友人や家族は自由に来ることができますか?
はい。ご自由にお越しいただけます。
面会時間をはじめ声の大きさなど他の入居者様のご迷惑にならないようご配慮お願いします。 当施設の閉館時間にもご注意ください。

質問リストへ戻る

入居後も引き続き主治医に見てもらうことは可能ですか?
はい、可能です。
他院へ診察希望時は、付添などをお願いすることがあります。 専属の医師が居る施設とは違いますのでご自身で自由に決めてくださってかまいません。

質問リストへ戻る

外出時の付き添いなどはありますか?
外出時の付き添いはご家族さまやご友人にご依頼ください。
職員による付添いは原則できません。

質問リストへ戻る

入居者同士の交流スペース、施設のイベントなどはありますか?

はい、交流スペースは機能回復訓練室や食堂などがあります。
機能回復訓練室でのレクリエーション、併設されている病院での通所リハビリ、行事催しの参加等が毎月行われています。 小旅行、お買い物ツアー、料理教室、糖尿病市民講座 など、行事催しはイベントのページをご参照ください。

質問リストへ戻る

一人でいるときに何かあると不安なのですが、対応はどのようなものがありますか?
各部屋にはナースコールが備え付けられており、スタッフが所持しているPHSと連動しております。夜間の定期巡回も行っておりますので、なにかございましたらお気軽にお申し出ください。

質問リストへ戻る

近隣に買い物などができる所はありますか?

最寄りのコンビニが車で5分ほど、スーパーは車で8分ほどかかります。

ダイレックス:8分、石井のフジグラン:10分

周辺地図

施設内には売店などはありません。最寄のスーパーなど利用してください。

質問リストへ戻る

よくあるご質問

関連施設

高杉内科外科小児科脳外科
Webサイトを表示
希望有料老人ホーム
Webサイトを表示
  • スタッフ募集
ページ上部へ戻る